検索キーーワード 蒸ししょうが 酢しょうが しょうが粉末 黄金生姜 ゆず 黒にんにく
セール
↑↑↑↑↑  特別価格で買える会場はこちらをクリック  ↑↑↑↑↑

【送料無料】酢しょうがセット ぶんぶんチョッパー&黄金しょうが 1kg

酢生姜ダイエット

 こんなにすごい! 酢しょうがのチカラ

 

 TV番組の放送以来、一大ブームとなっている 酢しょうが。

 簡単に作れるうえに「血管年齢が若返った!」 「ダイエット効果があった!」とすごい効果を

 発揮することが実証されました。

 

   ▼▼ 驚きのその効果とは?  ▼▼

 

 ◆ タレントSさんの場合  ◆

 

 血管年齢が・・・ 放送時実年齢62歳のSさん。

 血管年齢の測定結果は64歳と実年齢よりやや高めでした。

 ところが、2週間の酢しょうが生活の結果、血管年齢は46歳と 大幅にダウン。18歳もの若返りを見せました。

 血圧が・・・ 放送時での測定は130/80だった血圧は、2週間の酢しょうが生活後には116/80に。

 やや高めだった上の血圧が至適血圧の 範囲内まで低下しました。

 コレステロールが・・・ 超悪玉コレステロール192は144まで大幅ダウンしました。

 免疫力測定・・・ 免疫力のバランスを表すTh1,Th2バランスは18.3から31.5へと 大幅アップ。

 免疫力の向上が見られました。

 

 ◆ 芸人Hさんの場合 ◆

 

 血管年齢が・・・ 放送時実年齢52歳のHさんの血管年齢は実際より11歳も 老けた63歳でした。

 ところが、酢しょうがを2週間摂取する ことでー13歳の50歳まで若返ることができました。

 体温が・・・ 酢しょうが摂取前の体温は35.5度と、やや低めでしたが、36.1 度まで上昇。体温が

 アップした ことで、体全体の免疫力も向上 することが期待されます。

 指先体温・足先体温が・・・ 酢しょうが摂取前には26.2度だった指先体温は31.6度に、足先体温

 は23.2度が28.0度にまでアップ。体の末端まで温まっていることが実証されました。

 そのほか、実験に参加した方々の12人中9人が血圧が低下、血管年齢は12人中7人が平均-15歳低下

 し、多くの方に効果があることが実証されました。


 また、体重が落ちた、中性脂肪が下がった、など多くの改善点 が見られるうれしい結果になりました。

 

 ◆ タレントKさんの場合 ◆

 

 血管年齢が・・・ 10日間、30gの酢しょうがを摂取したKさん。実年齢より 14歳オーバーの74歳と

 診断された血管年齢は、57歳にまで改 善。なんと、たった10日で17歳も若返りました。

 血圧・血糖値が・・・ 150/95と高めだった血圧は、10日間の実験後140/89まで改善 されました。

 また、血糖値も151から95へと大幅ダウン。

 

  『しょうがは体に良い』というのは漠然とわかって

 

  いてもこうして数値になって現れると本当に生姜

 

  パワーを実感できます。

 

 

 【簡単!作りおきしょうがレシピ】

 生の生姜に多く含まれるジンゲロールという成分は、脂肪の蓄積を抑える作用があると分かってきました。

 酢は毎日大さじ1杯以上とることで、内臓脂肪や皮下脂肪が減らせるという作用があると言われています。

 

 酢しょうがの作り方と分量の目安(食べきりやすい分量)

 ●生姜 100g、お酢 100cc(米酢・黒酢など)

 1、保存容器を煮沸消毒して乾かしておきます。

 2、生姜を良く洗って水分を拭き取っておきます。

 3、生姜をみじん切り、千切りなどお好みの形状にカットします。

 4、保存容器に生姜とお酢を注ぎ入れ冷蔵庫で2〜3日漬けてご利用ください。

 

 ★酢生姜の保存は冷蔵庫で3〜4週間程度となります。

 酢豚・魚介の炒め物・チャーハン・焼きそば・蒸野菜や餃子のタレなどにご利用いただけます。


今すぐご注文はこちら


黄金しょうがとは 美味しいしょうがをつくりたい 徹底した管理の下しょうがづくりをしています しょうがの栽培 1kgってどれくらい

ぶんぶんチョッパー ぶんぶんチョッパー お悩み解決 酢しょうが作り ぶんぶんチョッパー使い方 ぶんぶんチョッパー自由自在
ご注文はこちらから

【送料無料】酢しょうがセット ぶんぶんチョッパー&黄金しょうが 1kg

価格:

2,759円 (税込 2,980円)

[ポイント還元 29ポイント〜]
お酢はついていません:
購入数:

在庫

98箱

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

忙しい主婦の味方!!みじん切りがあっという間にできるベジタブルチョッパーです。
引っ張るだけの手軽な手動式で硬い野菜・玉ねぎ・手につく匂いが気になるにんにくなどのみじん切りが作れます。

酢しょうがを作るときに、しょうがをみじん切りにするのに意外と時間がかかります。
生姜100g程度の少量ならすぐにできてしまうのですが、大量にみじん切りを作りたい時にはこのぶんぶんチョッパーが大活躍。
粗目から細かい裁断まであっという間に完成します。

玉ねぎのみじん切りも、もう涙を流しながらというお悩みも解決します。
また、餃子やタルタルソース、離乳食も作れるので使えば使うほど手放せなくなるキッチン雑貨、一家に一台必須のアイテムです♪


<取り扱い上のご注意>
・食材を容器の半分より多く入れない(しょうがは150g程度・玉ねぎは半分程度)
・ハンドルを無理に引いたり、力を加えたりしない。
・食器洗浄機や食器乾燥機には使用しない。
・電子レンジにには使用しない。
・ナッツなどの固い食材は使用しない。

       
商品内容確認
商品名 ぶんぶんチョッパー・高知県産黄金生姜1kg
素材 本体/PS樹脂・ゴム足/TPR樹脂・蓋/ポリプロピレン/POM・ハンドル/ABS樹脂・シャフト/ポリエチレン・刃/ステンレス刃物鋼
サイズ 約12.5×12.5×9cm
満水容量 約450ml
ぶんぶんチョッパー生産国 中国
配送温度帯
ご利用ガイド

 ★酢しょうがはダイエットと若返りに効果に期待

今TV番組やラジオで紹介され話題となっているのが万能調味料“酢しょうが”。
日々の食事にプラスするだけで健康促進効果も期待できることから、美容や健康を意識して繰り返し作り、調味料として常備している方も多いようです。

さて、酢しょうがにはいったいどのような健康促進効果が期待できるのでしょうか?
酢しょうがを知って正しく毎日の食卓に取り入れてみてください。

 酢しょうがの健康効果

テレビで幾度となく紹介され、ご存知の方も多いようですが、酢しょうがの効果について再確認をしてみましょう。酢しょうがにはいくつかの健康促進効果があり、テレビでも紹介された通り血管の若返りや生活習慣病の予防が期待できます。

●動脈硬化の改善
●血圧を下げる
●血糖値を下げる
●コレステロール、中性脂肪を減らす

テレビではスタッフや芸能人が実際に酢しょうがを取り入れた生活を2週間継続することで、血管年齢の若返りや、免疫力の上昇が見られたことが記憶に新しいですね。

 お酢と生姜がなぜいいの?

皆さんご存知の通り、お酢と生姜は古くから健康に良い食材として知られていますが、それら良い食材を合わせた酢しょうがはお酢の効果を何倍にも引き上げてくれるのです。

お酢には血液中の中性脂肪、コレステロールを抑える働きがあり、老廃物を除去して血液をサラサラにする効果があります。さらに新陳代謝を促し肥満を防ぎダイエット効果も期待できます。
さらに生姜には身体を温めてくれるショウガオールという有効成分が含まれており、このショウガオールは血行を促し体温を高め、脂肪や糖の代謝を促進してくれるので冷え性の改善に効果が期待できます。代謝を促すということはダイエット効果も期待できるのです。

酢しょうがはこの生姜の保温作用がお酢の効果を何倍も引き上げてくれる為、美容やダイエットにとても期待できます。

 健康・美容のキーワード「ショウガオール」

最近何かと話題の生姜ですが、ただ生姜を毎日食べればいいと勘違いされている方もいらっしゃいます。体を温める効果が高いとされる生姜ですが、実際には生の生姜には身体を温める成分があまり含まれておらず、間違った摂り方をすると逆に体温を下げてしまうことにもなりかねないのでご注意ください。

生姜に含まれる身体温め成分に「ジンゲロール」と「ショウガオール」がございます。ジンゲロールは生の生姜に多く含まれ、手先・足先といった身体の末端部分を温めます。
血流を良くして、体の深部にある熱を手先・足先に運ぶ為、身体の深部にある熱を奪ってしまい、逆に身体を冷やすことになってしまいます。一方、ショウガオールは生の生姜を乾燥や加熱した際にジンゲロールが変化して作り出されます。
体の深部に熱を作り出して身体を温める為、ショウガオールの方が身体を温める効果が期待できます。

お酢にただ刻んだりスライスした生姜を漬けた酢しょうがも健康効果は期待できますが、冷え性などの改善に酢しょうがを取り入れたい方には、更に効果的な調理方法がございます。それは、上記で説明した通り乾燥・加熱、蒸ししょうがを使うことです。ショウガオールが増加した生姜を使用することで体温め効果が増加し、冷え性の改善に期待でき健康・美容へ繋がるのです。

 はちみつを入れるのもポイント

酢しゅうが健康に良いとされる理由を述べてきましたが、実際毎日取り入れようとするとお酢と生姜だけと聞いた時毎日取り入れていくのは難しく感じます。やはり毎日の食卓に取り入れるならおいしくいただくのが本音ではないでしょうか。そこで、酢しょうがを毎日継続的に摂る方法としてテレビでも紹介されていたのが「はちみつ」です。
はちみつは砂糖と主成分が似ていることもあり、よく比べられる食品です。ダイエットというキーワードからどうしてはちみつが使われ酢しょうがには「はちみつ」が使われているのかを紐解いてみましょう。

はちみつと砂糖の主な栄養成分は糖分です。主成分はほぼ同じですが、カロリーが全く違ってきます。一般的に、はちみつは体に良いと知られていますが、カロリーに関しては実はハチミツの方が砂糖よりも高いのです。
はちみつの大さじ1杯のカロリーは約70カロリーで、砂糖は約40カロリーになります。カロリーはハチミツの方が高いのですが、甘さの感じ方に違いがあります。
経験がある方もいらっしゃると思いますが、大さじ一杯を食品に使ったとしてもハチミツのほうが甘さを感じやすいのです。大さじ一杯の量で甘さの感じ方が違うということは、料理ではちみつを甘み付けに利用した方がカロリーが抑えられるということになります。

また、はちみつの方がビタミンやミネラルといった栄養成分も豊富ですので、カロリーも抑えつつ体の中から綺麗にすることができる為、健康対策やダイエットにはちみつが向いていると言われるのはこの為です。

 どれぐらい食べればいいの?

それでは酢しょうがはどれぐらい摂取すればよいのでしょう。
1日に酢しょうがを食べる量の目安は、約30g。
大さじ山盛り1杯程度の量です(生のしょうがだと親指サイズ)。これをそのまま食べたり、調味料に使ったり、食事に混ぜて毎日食べるようにしましょう。
そのまま食べるのが苦手という人は、千切りにしてスープに加えるだけでスープのコクが増します。
また、天ぷらの衣を作る際、酢しょうがをみじん切りにして混ぜ込むと、風味豊かでサッパリとした天ぷらに仕上がります。  なお、酢しょうがは、1日置いたあとのほうが食べやすくておすすめ。
しょうがとお酢がなじんで、酸味もまろやかになります。