検索キーーワード 蒸ししょうが 酢しょうが しょうが粉末 黄金生姜 ゆず 黒にんにく

安心・安全への取り組み

一般的な農産物の流通経路として、この後に中間流通業者が引き取り行き先ごとに荷物を分けられ、
詰め替え・加工等を行い飲食店・小売店などの購買必要とあれば業者に配送されるため流通段階で
鮮度が落ちてしまうこともあります。

産直(産地直送)は、中間流通業者を介さずに、弊社から直接消費者様に配送されるため、鮮度の
良い生姜をお届け出来ることが利点として挙げられます。

生姜の栽培から生産・製造・出荷までの一貫体制で作り上げられた生姜。

この私たちが送り出す素晴らしい色と味はきっと皆様にご満足いただける商品だと確信しております。

弊社は、「生姜の製造」において規制要求事項に適合する製品や
サービスを一貫して提供できるような信頼を確保する為に品質
マネジメントの国際標準化機構 「ISO9001:2000」の認証を2006
年に取得し、2009年/2012年に「ISO9001:2008」認証の更新登
録を行っております。
農業生産法人(株)サカタは「生姜の栽培」において「食の安全
リスクの低減」「労働安全」「環境保全」「生態系の維持」の
実践を通して「食の安全と持続可能な生産管理」に取り組み
健康で持続的な社会実現に貢献する事を目指しGAP(適正農
業規範)の世界標準である、グローバルGAP最新版の4版オプ
ション1個別認証を取得しました。 2013年度産の生姜に関して
認証を取得しました。


植え付けの前年に生産計画を行います。

1. 使用農薬の濃度・散布回数
2. 作物への登録確認
3. 施肥計画
栽培開始より定期的に栽培管理担当者が栽培状況と栽培暦の確認に生産者を巡回します。

黄色防蛾灯を設置して害虫を減らし、農薬の削減に努めています。
10月中旬より収穫された生姜には管理コード
がパレット単位で貼付けされます。管理コード
には生産者・圃場・品種・収穫日・コンテナ数
などの情報が入っています。
14度で定温保管され、翌年より新物として出荷
します。それまでにランダムなサンプリングに
より残留農薬検査と栽培暦を確認して規格の
適合性を検証します。
工場で使用する原料が洗浄され、納入されます。
管理コードが原料ごとに工場へ伝達されます。
製造する直前まで工場で温度管理が行われます。
マニュアルに従い、製品が製造されます。ウエイトチェッカー、金属探知機など加工食品と同様の 管理が行われます。

1 1、3-ジクロロプロペン 2 1-ナフタレン酢酸 3 2-(1-ナフチル)アセタミド
4 2、2-DPA 5 2、4-D 6 4-クロルフェノキシ酢酸
7 DBEDC 8 DCIP 9 EPN
10 MCPA 11 アイオキシニル 12 アクリナトリン
13 アジムスルフロン 14 アシュラム 15 アセキノシル
16 アセタミプリド 17 アセフェート 18 アゾキシストロビン
19 アトラジン 20 アバメクチン 21 アミスルブロム
22 アミトラズ 23 アラクロール 24 アラニカルブ
25 イオドスルフロンメチル 26 イソウロン 27 イソキサチオン
28 イソプロカルブ 29 イソプロチオラン 30 イプロジオン
31 イプロベンホス 32 イマザキン 33 イマゾスルフロン
34 イミシアホス 35 イミダクロプリド 36 イミノクタジン
37 イミベンコナゾール 38 インダノファン 39 インドキサカルブ
40 ウニコナゾールP 41 エスプロカルブ 42 エチクロゼート
43 エチプロール 44 エテホン 45 エトキサゾール
46 エトキシスルフロン 47 エトフェンプロックス 48 エトベンザニド
49 エマメクチン安息香酸塩 50 オキサジアゾン 51 オキサジアクロメホン
52 オキサミル 53 オキシテトラサイクリン 54 オキシン銅
55 オキスポコナゾールフマル酸塩 56 オキソリニック酸 57 オリサストロビン
58 オリザリン 59 カズサホス 60 カフェンストロール
61 カルタップ、チオシクラム及びベンスルタップの総和 62 カルバリル 63 カルフェントラゾンエチル
64 カルプロパミド 65 カルベンダジム、チオファネート、チオファネートメチル及びベノミルの総和 66 カルボスルファン
67 キザロホップエチル 68 キノクラミン 69 キノメチオナート
70 キャプタン 71 クミルロン 72 グリホサート
73 グルホシネート 74 クレソキシムメチル 75 クレトジム
76 クロチアニジン 77 クロフェンテジン 78 クロマフェノジド
79 クロメプロップ 80 クロラントラニリプロール 81 クロリダゾン
82 クロリムロンエチル 83 クロルピリホス 84 クロルピリホスメチル
85 クロルフェナピル 86 クロルフルアズロン 87 クロルプロファム
88 クロルメコート 89 クロロタロニル 90 クロロネブ
91 クロロピクリン 92 シアゾファミド 93 シアナジン
94 シアノホス 95 ジアフェンチウロン 96 ジウロン
97 ジエトフェンカルブ 98 シエノピラフェン 99 ジカンバ
100 ジクロシメット 101 シクロスルファムロン 102 シクロプロトリン
103 ジクロベニル 104 ジクロルプロップ 105 ジクワット
106 ジスルホトン 107 ジチアノン 108 ジチオピル
109 ジノテフラン 110 シハロトリン 111 シハロホップブチル
112 ジヒドロストレプトマイシン及びストレプトマイシンの和 113 ジフェノコナゾール 114 シフルトリン
115 シフルフェナミド 116 ジフルフェニカン 117 ジフルベンズロン
118 シプロコナゾール 119 シプロジニル 120 シペルメトリン
121 ジベレリン 122 シマジン 123 シメコナゾール
124 ジメタメトリン 125 ジメテナミド 126 ジメトエート
127 ジメトモルフ 128 シメトリン 129 シモキサニル
130 シラフルオフェン 131 シロマジン 132 スピノサド
133 スピロジクロフェン 134 セトキシジム 135 ターバシル
136 ダイアジノン 137 ダイムロン 138 タゾメット、メタム及びメチルイソチオシアネートの総和
139 ダミノジッド 140 チアクロプリド 141 チアジニル
142 チアメトキサム 143 チオジカルブ及びメソミルの和 144 チオベンカルブ
145 チフェンスルフロンメチル 146 チフルザミド 147 デスメディファム
148 テトラコナゾール 149 テトラジホン 150 テニルクロール
151 テブコナゾール 152 テブチウロン 153 テブフェノジド
154 テブフェンピラド 155 テプラロキシジム 156 テフルトリン
157 テフルベンズロン 158 デルタメトリン及びトラロメトリンの和 159 トリアジメホン
160 トリクロピル 161 トリクロルホン 162 トリシクラゾール
163 トリネキサパックエチル 164 トリフルミゾール 165 トリフルラリン
166 トリフロキシストロビン 167 トリフロキシスルフロン 168 トルクロホスメチル
169 トルフェンピラド 170 ナプロパミド 171 ニコスルフロン
172 ニテンピラム 173 ノバルロン 174 パクロブトラゾール
175 パラコート 176 バリダマイシン 177 ハロスルフロンメチル
178 ビテルタノール 179 ビフェナゼート 180 ビフェントリン
181 ヒメキサゾール 182 ピメトロジン 183 ピラクロストロビン
184 ピラクロニル 185 ピラゾキシフェン 186 ピラゾスルフロンエチル
187 ピラゾリネート 188 ピラフルフェンエチル 189 ピリダベン
190 ピリダリル 191 ピリフタリド 192 ピリブチカルブ
193 ピリプロキシフェン 194 ピリミジフェン 195 ピリミノバックメチル
196 ピリミホスメチル 197 ピレトリン 198 ピロキロン
199 ファモキサドン 200 フィプロニル 201 フェナリモル
202 フェニトロチオン 203 フェノキサニル 204 フェノチオカルブ
205 フェノブカルブ 206 フェリムゾン 207 フェンアミドン
208 フェンチオン 209 フェントエート 210 フェントラザミド
211 フェンバレレート 212 フェンピロキシメート 213 フェンブコナゾール
214 フェンプロパトリン 215 フェンヘキサミド 216 フェンメディファム
217 フサライド 218 ブタクロール 219 ブタミホス
220 ブプロフェジン 221 フラザスルフロン 222 フラメトピル
223 フルアクリピリム 224 フルアジナム 225 フルアジホップ
226 フルオピコリド 227 フルジオキソニル 228 フルシトリネート
229 フルスルファミド 230 フルチアセットメチル 231 フルトラニル
232 フルバリネート 233 フルフェノクスロン 234 フルベンジアミド
235 フルミオキサジン 236 プレチラクロール 237 プロクロラズ
238 プロシミドン 239 プロチオホス 240 フロニカミド
241 プロパモカルブ 242 プロパルギット 243 プロピコナゾール
244 プロピザミド 245 プロヒドロジャスモン 246 プロフェノホス
247 プロヘキサジオンカルシウム塩 248 ブロマシル 249 プロメトリン
250 ブロモブチド 251 フロラスラム 252 ヘキサコナゾール
253 ヘキサジノン 254 ヘキシチアゾクス 255 ペノキススラム
256 ペルメトリン 257 ペンシクロン 258 ベンスルフロンメチル
259 ベンゾビシクロン 260 ベンゾフェナップ 261 ベンタゾン
262 ベンチアバリカルブイソプロピル 263 ペンディメタリン 264 ペントキサゾン
265 ベンフラカルブ 266 ベンフルラリン 267 ベンフレセート
268 ホサロン 269 ボスカリド 270 ホスチアゼート
271 ホセチル 272 ホラムスルフロン 273 ホルクロルフェニュロン
274 マラチオン 275 マンジプロパミド 276 ミクロブタニル
277 ミルベメクチン 278 メコプロップ 279 メタアルデヒド
280 メタフルミゾン 281 メタミトロン 282 メタラキシル及びメフェノキサムの和
283 メチダチオン 284 メトキシフェノジド 285 メトコナゾール
286 メトスルフロンメチル 287 メトミノストロビン 288 メトラクロール
289 メトリブジン 290 メパニピリム 291 メピコートクロリド
292 メフェナセット 293 メプロニル 294 モリネート
295 リニュロン 296 リムスルフロン 297 ルフェヌロン
298 レナシル 299 酸化フェンブタスズ


生姜は生育環境や外的要因によって病気に感染することがあり、その外的要因の一つとしてウイルス感染が挙げられます。

生姜は栄養生殖を繰り返すことから栄養繁殖性作物と言われ、生育の過程で一度ウイルスに感染すると代々ウイルスを持った植物体が増えていくことになり、 結果として種の変異等がみられることがあります。

そのため、ウイルスが存在しない成長点を採取し無菌培養することで、ウイルスに感染していない健全な株が育成しています。

成長点培養をすると植物体自体が若返り現象をおこして生育旺盛になり、病害虫にも強くなると言われています。
当社保有生姜は、この特質を保ち安定的に提供する事ができます。

成長点培養とは、植物体にある成長点を切りだして無菌培養することをいいます。

成長点とは、茎頂や根端の細胞分裂の旺盛な部分で、常に細胞分裂を繰り返し、新しい植物体を作り出している約0.1mmの小さな部位のことです。
その成長点ひとつの中にその植物体の全てが折りたたまれているのです。

そのため、成長点のみを取り出して生育させることによって、親と全く同じ形質を持った植物個体が出来上がります。
約1年かけて、こうして作り出された苗はポットに下ろして順化させた後、圃場に植えられます。

しかし、1年目の生姜はとても小さい為、更に1〜2年圃場で生育させた後でようやく契約農家に種子生姜として配布されます。